English Version 

原 稿 募 集 の お 知 ら せ

会員の皆様 

 『通訳研究』 第8号 (2008) は、2008年12月に発行の予定です。投稿文は、本会の設立趣旨に沿った内容の研究論文、実践報告、研究ノート、書評等で、原則として未発表のものに限ります。使用言語は日本語または英語で、分量はA4版で 20ページ以内となっています。なお、翻訳に関する論文の投稿も受け付けています。投稿を希望する方は編集委員会ウェブサイト掲載の「投稿規定」をご参照の上、奮ってご応募下さい。

原稿の締め切りは 2008年8月1日(必着)です*。まだだいぶ時間がありますが、会員の皆様方には今からご投稿の準備をしておいていただければ幸いです。なお、投稿論文は原則として受付順に査読にまわすことになります。したがいまして、会員の皆様におかれましては、締め切り日を待たず、ご用意ができ次第投稿されることをお勧めします。本学会のいわば顔でもある『通訳研究』誌の発展のために、会員の皆様方の引き続きのご協力をお願いいたします。 

日本通訳学会 会誌編集委員長
染谷 泰正 

* 何らかの理由で締切日に間に合わない場合は、投稿の意思のみあらかじめ編集部のほうにご連絡ください。

(c) Japan Association for Interpretation Studies (YS)