英語通訳訓練法入門
ディクトグロス ― “CA+1” を実現する言語学習活動

1.  ディクトグロスとは何か

ディクトグロス (dictogloss) とは Ruth Wajnryb (1988, 1990) が最初に提唱した学習・指導方法で、その後 Llewyn (1989), Kowal & Swain (1994), Swain (1998) や Jacobs (2003) 等で、明示的な気付きによる文法知識習得を促す FonF (Focus on Form) および CCL (Cooperative Language Learning) の考え方に沿った指導法のひとつとして注目された。別名 Grammar Dictation とも呼ばれるとおり、基本的にはいわゆるディクテーションのバリエーションであるが、標準的な指導方法は以下のとおりである。

(1) 教師が学習者の能力に応じたレベルの比較的短いテキスト (e.g. the "i+1" text) を2度読み上げる(あるいはあらかじめ録音された素材を聞かせる)。
(2) 学習者は1度目は黙って聞き、2回目はノートを取りながら聞く。(注)
(3) あらかじめ指定されたペアまたはグループごとに、それぞれのノートをもとに全文をできるだけ正確に再現する(word-for-word の再現ではなく、テキストの<意味内容>をできるだけ正確に、かつ文法的に適格な英文で再現することを目標にする。なお、この段階でグループ内でのディスカッションを英語で行わせることもできる)。
(4) 最後に、教師が各グループの作品について FonF を意識したコメントを加える。なお、バリエーションとして、全文再現の代わりに(独自の)「要約」の作成を目標とする Summary Dictogloss がある。

> ディクトグロスの例

Wajnryb はディクトグロスを次のように説明している。

"The dictogloss is a teaching procedure that involves the speedy dictation of a short text to a group of language students. The students take notes during the reading of the text and then, working in small groups, proceed to piece together the text as a cooperative endeavor. This is achieved by the pooling of the group's notes and the making of grammatical decisions about the text: specifically about word choice, sentence formation, and cross-sentence connections. Finally, after each group has produced its own version of the text, the whole class reconvenes and the groups' versions are analyzed and corrected." (Wajnryb, 1988).
 
Next

注)読み上げ(またはリスニング)回数は学生のレベルや指導意図に応じて臨機応変に決定(※ Input Phase に指導の力点を置くか、Output Phase に置くかの違い→後述)。

Kowal, M. & Swain, M. (1994) Using collaborative language production tasks to promote student's language awareness. Language Awareness, 3, 73:93.
Swain, M. (1998) Focus on form through conscious reflection. In E. Hinkel (ed.) Handbook of research in second language teaching and learning. (pp.471-483). Mahwah, NJ: Lawrence Erlbaum.
Wajnryb, R. (1988). The Dictogloss method of language teaching: A text-based, communicative approach to grammar. English Teaching Forum.
Wajnryb, R. (1990). Grammar dictation. Oxford: Oxford University Press.
Llewyn, S. (1989). The dictogloss procedure and grammatical Classroom-based research. Prospect, 5(1), 31 -37.
Jacobs, G. (2003). Combining Dictgloss and Cooperative Learning to Promote Language Learning. The Reading Matrix, Vol.3. No.1, April 2003.
村野井仁 (2006)『第二言語習得研究から見た効果的な英語学習法・指導法』大修館書店



「英語通訳訓練法入門」 (c) Someya Yasumasa 1994-2018